香港で今一番人気のレストラン「The Drawing Room」♪

先月半ば銅鑼灣にオープン仕立てのレストラン「The Drawing Room」♪
不況でガラガラなレストランが目立つ香港の中で今一番予約が取り難く、
香港のグルメな人達の間で話題に上っているレストランが、こちら。
開店して一ヶ月程と、味やサービスが熟れた?頃に早速チェックに♪

f0190653_9595281.jpgなぜそこまで注目されているかの訳は
Bombana Umberto氏のお店だから♪
元リッツ・トスカーナの総シェフで、
先の展開が大注目されていた人気者。
今はオーナー兼Culinary directorを。
共同オーナーのRoland Schuller氏は
エグゼクティブ・シェフも兼任。
インテリアのデザインもなかなかで、
香港の人気アーティストFung-yi氏の
有名なメタル・ドレスがあちこちに。
金属アートが多く使われ派手な割に、
とっても落ちつく計算された空間に。
結構好みだったりな、この手の色調、
最近新築のお家にも多く見掛けたり。

f0190653_100450.gifここはSF?NY?なんて
見間違う程に洗練された
香港にしては質良い空間♪
僅か36席と小じんまり。
他にはバーと、2つある
プライベートルームのみ。

f0190653_1001596.jpg暗めの照明が重厚さを増し良い感じな
ワイン・セラー前の廊下の先を行くと
ウェイティングにピッタリのバーが♪





f0190653_1002867.jpg割とシンプルなアレンジ♪
各コース2種の選択からの
4コース@$580または、
メインのみ2種より選択の
6コース@880の2コース
もしくは各コース全てから
好きに選べるアラカルト。

と、驚いたのは、マネージャー始めとするとスタッフ全員の質の高さ♪

香港のイタリアンやフレンチに、アメリカンのレストランのお話しですが、
お店の料理や雰囲気に伴うサービスを提供する(出来る)お店は限られており、
当たり前を求められるFSやマンダリンなどのホテル・ダイニング以外では、
せいぜいロブション位とサービス業としての質の低さが定評だったり。。。

きっちりサービスでも、Snobby・慇懃無礼だったり、心が入ってなかったり。
ゲストに気持ち良く楽しく美味しく食事をして貰いたいという気持ちや、
サービス業としての誇りを持つスタッフが極端に少なかったりしたりして、
せっかく、そこそこ美味しくても、また行きたいという気持ちにならずで。

ところが、ここザ・ドローイング・ルームのスタッフは全員揃って◎◎◎
美味しい食事を美味しく食べて貰いたいという気持ちが溢れまくりの、
プロフェッショナルな仕事ぶり、かつフレンドリーと、ほんと最高。

ワインひとつ取っても、ゲストを見つめたりせず、常に上手にチェックし、
絶妙のタイミングで近付いて、注ぎ過ぎず(これ香港では重要)にサーブ。

年代モノの赤などは、ソムリエがなかなかのデキャンタージュを披露した後、
あれこれワインに関する情報や感想を簡潔に嫌味なくさらっと触れたり。

ソムリエだけじゃなく、スタッフ全員デキャンタを軽く回して注いだりと、
スタッフの教育に力を注いでる様で、全員揃ってプロフェッショナルな上に、
気配りや、チャーミングな笑顔に、仕事に対する意欲や誇りが見ていて◎

と、これまた驚いたのが、メニューを見て迷っていたごくちまの所へと、
アドバイスがてら、話し掛けて来てくれたのが、Bombana Umberto氏♪
にっこり陽気なイタリアのグランパ風で、気付くまで数秒掛かったり(笑)。

毎日お店に出て、メニューを考えては、さりなげなくテーブルを周り会話し、
楽しくおしゃべりしながらも、ゲストの好みや人気メニューをリサーチしたり、
食べ残しや傾向を見て、更に新しいメニューを考えて行ったりと日々精進。
そんな食に対する情熱&愛情が、ビシバシ伝わってくるお店です。

f0190653_1003910.jpgワイン・リストも豊富で、
300種を越えるリストには
意外にも超低価格のモノや
価格は、2倍弱と抑えめ♪
*このランクのお店は普通
2倍当たり前〜3倍多し。
スタッフの知識も豊富で、
ソムリエも情熱的&熟練。
自家製のパンはまあまあ。
オリーブ油とバルサミコ酢
が、これまた美味しい〜。

f0190653_1005055.jpgアミューズ・ブーシュは、
スモーク・サーモン。
苦手故、ごめんなさい。

f0190653_101326.jpg二人共に4コースの選択。
旦那しゃんチョイスの、
フォアグラ・ソテーと鶉♪
ソースは有りがちですが、
火の入れ具合が共に絶妙。

f0190653_1011458.jpgごくちまチョイスの、
ぷっりぷりのロブスターは
素材の甘味が活かしてあり
余分な脂が落ちている豚の
バラ肉のソテーの旨い事♪
タロ芋マッシュ・ポテトと
タロ芋のポテト・チップが
これまた優しい美味しさ。
細いのはアスパラガス〜。

f0190653_1012590.gif旦那しゃんチョイスの、
オーソブッコのニョッキ♪
一口噛むと、ぷにぷにの
ニョッキの食感が絶妙〜。
美味しいけどコクが凄く、
コースの少量で正解かも。

f0190653_1013838.gifごくちまチョイスの、
シーフードのリゾット♪
魚貝の出汁が利いていて
アサリもぷりぷりと旨し。
お米はアルデンテだけど、
余り好みではない食感。

ちなみに、この日のメニューにパスタ類は、上のニョッキかラザニアのみ。
お口がイタリアンでパスタが食べたかったので、その点だけ少しがっかり。
どちらかというとヌーベル・イタリアンで、カリフォルニア料理に近いかも。

f0190653_1014926.jpg二人揃ってのチョイスは、
トリオ・オブ・ワギュー♪
しっかり煮込んだ牛タンに
とろとろショート・リブと
テンダーロインのトリオ。
量といい火の通し方といい
ポテトの控え目な味といい
ソースの美味しさといい◎
シェフの料理への情熱や、
丁寧な仕事が伝わる品々。

f0190653_102121.jpgデザートは各コース1種類のみなので、
レモン・ソルベとレモン・タルトに、
カプチーノとカモミールをオーダー。
共に日本人には歯が痺れる甘さかと。
添えたドライ・フィグが少し違和感?

f0190653_102133.jpg〆のプティ・フールは、
少しビターな甘さ控え目
口中ですっと溶けちゃう
ふんわり系のトリュフ♪

というわけで、昨年夏にSFから香港へと引越して来て以来。。。
アメリカの所謂「Fine Dining」の味・サービス・雰囲気の三つ巴が
いい感じに伴ったレストランがなかなか見つからなかった香港で、
やっと見つけた、三つ巴+肩の凝らない「Fine Dining」レストラン♪

旦那しゃんと、ちょっと美味しい食事をまったり楽しみたい時にピッタリ♪
もしくはグルメなカップルと一緒に楽しく食事したい時にも、いい感じ〜。

コースの品数&お手頃な価格設定は、今だけなのかも知れませんが、
どのお料理をとってみても、コスト・パフォーマンス高しと◎です。
ワインも驚く事に$200台からあり、若いカップルにも優しいお店。

我が家にとって秋の定番は松茸ではなく、白とりふ@オリベットだったので、
Bombana Umbertoの復活により、今年の秋の白とりふ祭りが今から楽しみ♪

The Drawing Room
1/F JIA Boutique Hotel, 1-5 Irving St.
Causeway Bay, Hong Kong
(852) 2915-6628
[PR]
by mrs-hkg | 2009-06-01 13:51 | 香港


海外生活18年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg

プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(647)
(392)
(362)
(307)
(224)
(129)
(115)
(115)
(96)
(77)
(74)
(66)
(65)
(62)
(59)
(54)
(52)
(44)
(41)
(40)

お気に入りブログ

スキー、映画、DVD@趣...
はむの助の独り言
ワンコのかあさんからの便...
Always a Gro...
Resumption o...
アメリカ極妻日記 ー極楽...
Take It Easy!
vieilleの好きなと...
Alohasia
メリケン国から こんにちは。
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
note
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
A day unlike...
ハッピーライオン
How are you ?
jackie style
Bon! Bon Voyage
Looky ! Loo...
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...

カテゴリ

全体
ごあいさつ♪
香港
旅・バケーション
ホクラニ
九龍
アメリカ
お買い物・気になるモノ
お知らせ
アメリカン・ホリディ
面白ニュース他
日本
中国
祝日
未分類

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活