香港の怖いカビ問題と犬のアレルギー♪

というわけで、08年夏にSFから香港へ愛犬共々移住して来た我が家ですが、
翌09年初めくらいに、ある日突然ラニの首や脇腹辺りに湿疹が出来始めて、
最初は香港の湿度の高さが原因なのかと思い、シャンプーを変える事に。

ところが、ラニの湿疹は全く治まらず、今度は肉球や耳まで痒がり始め、
それまで殆ど肉球を舐める事などなかったのに、ずっと執拗に舐め続けたり
余りの痒さに肉球を噛み始めたり、耳を掻きむしったりとエスカレートし、
たまに夜中に舐め過ぎてか、吐き気で苦しんだり、何度も吐いてしまったり。

f0190653_1633479.jpgラニ@痒い痒い(涙)。

余りに酷くて、香港のエクスパットに大人気の獣医さんの所へ連れて行くと、
ラニの湿疹をチラっと見て、ごくちまから症状を聞くなり、即答で、
「アレルギー、所謂アトピーですね、香港の犬はすごく多いんですよ。」

獣医さん曰く、アトピーの原因は香港の空気の悪さと湿度の高さが主らしく、
治療法には2種類あり、ひとつはステロイド注射で痒みを緩和させる方法。
もうひとつは高額で、身体への負担はステロイドより全然強いけれども、
アトピーの完治も可能という、思い切り強力そうで恐ろしい感じの注射。

どちらかを選べと訊かれ、少しでも身体への負担が少ないステロイドを選び、
注射の後は、化膿予防の為の抗生物質を一週間分ほど処方されることに。

他に対処法は、環境はどうにも出来ないので、シャンプーや食べ物を替えると
アレルギー反応が緩和される事があるので、まずは食事を替えましょうと、
半ば強引に買わされたのが、獣医さんの所でしか買えない「HillsのZ/D」。

そして、痒がる間は毎週シャンプーする様にと薦められた薬用シャンプーと
湿疹に直接塗るステロイドが入っていないローションを購入して、帰宅。

さすがにステロイドは強力で、その夜から噛んだり吐く事もなくなったものの
ほぼ屑ごはん+サプリメントてんこ盛りちっくなZ/Dを食べ続けた事により、
ラニは日に日に痩せて行き、脂肪どころか筋肉も落ち、毛もパサパサになり、
一年間食べ続けた結果、なんともしょぼくれたワンコへと変身。。。

f0190653_16335581.jpgZ/Dを食べ続けた結果、
どんどん萎びて行って、
なんともしおしおのぱー。
たまにアレルギーがない
馬刺しをあげて栄養補給。

と、ラニの体調の変化とリンクするように香港のお家に起こった事件が。。。

まずは入居して暫くすると、バスルームのパイプから水漏れが起こり、
バスルームの大理石の床のあちこちから、水がじわじわ溢れ出る事件発生。

この家は、新築というのは名ばかりで「古い家を全面改築した」家なので、
表面的には新築でも、骨組みや土台部分に水道の配管などは昔のままらしく、
古いボロボロのパイプに新しいバスタブやシャワーを繋げていったのですが、
香港の工事の仕方がやたら甘く、もれなく水漏れしてしまった、という訳。

大家さんにクレームすると、すぐにコントラクターを送ってくれたのですが、
もっと甘かったのが水漏れ後の処理の仕方で、水漏れが起きたバスルームの
すぐ手前に寝室があるのですが、寝室の床はコンクリートの上に木の床板で、
それを全て剥がさず、バスルームのそばの数枚のみを剥がし交換して終了。

結果、半年後に突然寝室の床から小さな黒い虫が大量に出現する事件発生。
すぐに大家さんにクレームすると、虫駆除の専門家を送ってくれたのですが
湿気虫ということで、床の隅々に穴を開け、普通の殺虫剤を注入して完了。

ほっと一息ついていたらば、またもや数ヶ月後に同じ虫が現れる事件発生。
すぐに大家さんにクレームし、今度は自分達で探した虫の専門家を呼んで、
駆除して貰う際に、虫の名前と原因を訊ねると、以前聞いた湿気虫ではなく
カビを餌として繁殖する虫で、床下にカビが生えてるはず、との診断。

大家さんにクレームし、専門家の見立て通りにカビが生えてるのであれば、
人体にも大きな影響があるはずなのでと、コントラクターを呼んで貰い、
一部の床板を剥がしてもらい、床下部分をチェックすることに。

f0190653_1634194.jpg寝室の床板を剥がしてもらうと
恐ろしいことに一面黒カビだらけ!

ということで、すぐに全部の床板を剥がして、コンクリート部分を洗浄して、
乾いた後に新しい床板に張り替える作業をする手配をしてくれたのですが、
その工事には丸3日は掛かるらしく、それなら旅行中に来て貰おうという事に。

と、その翌々月に、二年間のリースのコントラクトが丁度切れるので、
それならいっその事、新しい別のお家に引越す手もあるね、ということで、
同じ地域の沢山の新築もしくは築年数の新しい物件を沢山チェックした結果、
凄く気に入ったお家を見つけ、引越す事に決めたのが数週間前、という訳♪




どうやら推測通り、床下の黒カビがラニのアレルギーの原因だったようです。

f0190653_16361943.jpg2、3週間も経たない内に
ラニの痒い痒いがなくなり
大部分の湿疹も消えたので
一週間程掛けて、Z/Dから
ホクと同じ以前食べていた
Natural Balanceに戻すと
全く痒がらず問題もなし!

f0190653_16362829.jpg馬刺し以外のお肉も平気で
たまにおやつの種類により
少し痒くなったりしたり、
あせもが出来たりする位で
あっという間に元通りの
たぷんたぷんの体型に戻り
毛の艶も柔らかさも戻って
とりふの量もてんこ盛り。
>Z/Dの時は激減でした。

f0190653_16361475.jpgホクも心地よくすやすや♪

f0190653_16364580.jpgすっかり健康になったラニの姿をば、
皆さんにお見せせしようとデジカメを
構えた途端に、やむやむと思い込み、
こんな風に、よじ登って来るラニ号♪

f0190653_16364997.jpgラニ号、心配してくれていた皆さんに
ちゃんとお礼を言うんですよ〜。

ラニ:
かいきいわいは、やむやむでな♪

f0190653_16365479.jpgホク:
相変わらず、あんぽんたんですね。
>ホク号@サマーカットでお送り♪

新築物件を探していた際に、もうひとつ拘っていたのが、こちら♪

f0190653_16344150.gif小さいながらも、楽しい我が庭〜♪
>ホクラニの為のお庭付きが条件〜。

f0190653_16351830.jpgホク:
お庭が広くて嬉しいですが
香港は凄く眩しいですね。

f0190653_16352355.jpgラニ:
おりも、まぶしいっ。
>お気に入りのパティオで
早速お昼寝ちうのラニ号♪

というわけで、ワンコのアレルギーの原因は、色々有るとは思いますが、
我が家みたいに獣医を安易に信じ、ステロイドや偏った食事に走らないで、
なるべくワンコの身体に負担のない方法で対処してあげて下さいまし〜。

最後に、新しいお家から見える香港の夜景をば、ご覧下さいまし〜♪

f0190653_16354613.gif

ラニが元気になってくれて、あ〜、本当に良かった〜〜〜♪

f0190653_16355321.jpg

[PR]
by mrs-hkg | 2010-07-30 16:29 | ホクラニ


海外生活18年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg

プロフィールを見る

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(647)
(392)
(362)
(307)
(224)
(129)
(115)
(115)
(96)
(77)
(74)
(66)
(65)
(62)
(59)
(54)
(52)
(44)
(41)
(40)

お気に入りブログ

スキー、映画、DVD@趣...
はむの助の独り言
ワンコのかあさんからの便...
Always a Gro...
Resumption o...
アメリカ極妻日記 ー極楽...
Take It Easy!
vieilleの好きなと...
Alohasia
メリケン国から こんにちは。
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
note
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
A day unlike...
ハッピーライオン
How are you ?
jackie style
Bon! Bon Voyage
Looky ! Loo...
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...

カテゴリ

全体
ごあいさつ♪
香港
旅・バケーション
ホクラニ
九龍
アメリカ
お買い物・気になるモノ
お知らせ
アメリカン・ホリディ
面白ニュース他
日本
中国
祝日
未分類

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活